HEALTH

清水友香

第2マーケティンググループ
マーケティングディレクター
清水 友香

2014年入社
ヘルスケア領域を専門に担当。
入社当時はサプリメントを中心としたマーケット調査に従事。現在は、同領域のコンシューマー調査を手掛けている。
前職の栄養士の経験を生かし、消費者が抱える健康課題を探求。お客様のマーケティング課題の解決に向けた商品ニーズのリサーチを得意とするTPCのマルチビタミン。

「お客様が求める情報は何か」をいつも考えながら、業務に取り組んでおります。
まずはお気軽にお話をお聞かせいただけると幸いです。
お問合せ先:06-6538-5358

健康食品分野では、機能性表示食品・トクホ・メディカルフーズなどの機能性食品を中核に、
専門の調査員が常時様々な角度から市場や商品及び企業を調査・分析することで、
常に新鮮で高品質なマーケティング情報を提供しています。

また、海外の健康食品市場データの充実化にも注力しています。
近年は、機能性表示食品やロコモティブシンドローム、
宣伝広告に使用するランキング(No.1表記)の調査ニーズが高まっています。

得意とする調査手法

  • デスクリサーチ

    専門文献、美容雑誌、広告、公式統計など、関連するさまざまな情報を収集。
    数字を追うだけでは見えてこない、市場の背景やトレンドに迫ります。

  • ヒアリング

    主にメーカーのブランド担当やキーパーソン、業界関係者などに、訪問または電話によるヒアリングを実施。
    メーカーのリアルな実態に迫ります。

  • アンケート

    一般消費者を対象にネットによるアンケート調査。
    消費者の生の声を定量的に分析します。

  • 店頭観察

    実際に店頭に赴き、取り扱い商品や販売価格、棚割りなどを確認し、今後の流通対策に役立てます。

豊富な調査実績

3C(Customer/Competitor/Company)の視点で
市場の全貌を明らかにいたします。

調査の種類 調査項目(例)
市場調査
(国内・海外※)
  • 業界構造
  • キープレイヤー
  • 法規制
  • 市場の沿革
  • 市場規模推移
  • 新商品分析
  • メーカー別/ブランド別/チャネル別シェア
  • 品目分析
  • コンセプト分析
  • 今後の市場性
  • ランキング(No.1)調査など
競合調査
  • 業績推移
  • 組織体制
  • 商品戦略
  • 広告費と配分
  • 顧客数
  • 顧客育成方法
  • 利益構造
  • 販売管理費と内訳
  • 取引条件(リベートなど)
  • 生産拠点(設備・品目・数量)など
消費者調査
(定量調査/定性調査)
  • 企業/ブランドイメージ
  • 認知度
  • 購入実態
  • 使用実態
  • ブランド比較
  • コンセプト評価
  • 価格評価
  • 満足度(機能・使い勝手・パッケージ・価格等)
  • ブランドスイッチ状況
  • 購入決定要因
  • ターゲット別商品企画(パッケージデザイン・商品機能・素材・成分)
  • 広告販促評価
  • 今後の商品ニーズ など

※海外調査実績…中国、韓国、台湾、タイ、インドネシア、ヴェトナム、マレーシア、シンガポール、ミャンマーなど

消費者調査

一般モニタ、疾患モニタを利用したWEB調査や定性調査を実施することで、
お客様のマーケティング課題解決をサポートいたします。

消費者調査
  • 専門スタッフがトータルサポート
  • スピーディかつクオリティの高いリサーチを実現

消費者調査実績

健康食品分野では、以下の様な消費者調査の実績がございます。

  • ロコモ予防商品
  • シニアの便秘
  • ブレインフーズ
  • 男性の更年期障害商品
  • プレミアム鎮痛薬
  • たんぱく質の摂取実態
  • オーラルヘルスケア商品
  • 女性の「疲れ」対策商品
  • プリン体・尿酸対策商品
  • 血流改善商品
  • オーラルヘルスケア商品
  • 在宅介護のニオイ対策商品など

これまでに培った豊富な経験と情報をもとに、
お客さまのマーケティング課題の解決をサポートします。

調査例

お客様の課題

売上が頭打ち。
5年後10年後を見据えたブランド展開をどうすればよいか?

調査実績からのご提案例

発売から5年経過、当初のブランド訴求と現場の売り方にズレが生じ社内でも混乱した状態。一方で売上を伸ばしている競合商品がある。

各ブランドを「購入者」「購入中止者」「未購入者」の3つのグループに分けて、商品の購入ポイントと各ブランドのイメージを質問。それぞれのグループにおいて、重視点とイメージのギャップが大きい項目を、購入の妨げになっている要因として分析し、グループごとの対策を提案した。

お客様の課題

ダイエットサプリメントの商品開発に向け調査を実施したい。

調査実績からのご提案例

競合となる「ダイエットサプリメント」を抽出し、ブランド別評価として「体重」「腹囲」などの効果や
満足度を抽出、ブランド別でクロス集計することでダイエットサプリメントに求める優先度を数値化し、
商品開発の方向性を明らかにした。

調査例

被験者属性

ex

  • 性/年代
  • 職業/職種別
  • 未既婚別
  • チャネル別
  • 使用ブランド

etc

  • 使用期間/頻度/タイプ/原因
  • 商品の利用状況
  • 使用ブランドの商品評価
    (効果・不満点・強み・弱み etc)
  • ブランドスイッチ状況・理由
  • 商品の購入ポイント/価格

多変量解析にも対応いたします。

因子クラスタ(心理特性)

コレスポンデンス(マッピング)

BSA分析(強み・弱み)

PSM分析(最適な価格)etc

【報告書体裁】

A4判簡易製本 & CD-ROM

【CD収録データ】

PDF版レポート

PowerPoint版レポート

Excelデータ
調査票
単純集計表◆基本クロス集計表
その他FA回答